AWARD主な受賞歴

受賞歴一覧

映画批評家大賞

2021年 第30回 脚本賞

天野千尋監督「ミセス・ノイズィ」


詳細はこちら

映画批評家大賞とは?

1991年 水野晴郎 が発起人となり、淀川長治、小森和子等、 当時第一線で活躍していた現役の映画批評家たちの提唱により誕生した、「批評家による批評家だけの目で選んだ他に類を見ない」賞です。
今年度を振り返って、功を残した人たち。やがて次の時代に大いなる飛躍を遂げる人たち。
さらには、映画界に多大な足跡を刻んだ大先輩方に賞を差し上げることによって 新たなる明日に発展を遂げる映画を育てようというものです。

ロケーションジャパン大賞

2021年 第11回 特別賞

「星屑の町」


詳細はこちら

©2020「星屑の町」フィルムパートナーズ

ロケーションジャパン大賞とは

日本で唯一のロケ地情報誌「ロケーションジャパン」が主催し、この1年に公開・放送された映画・ドラマとそのロケ地の中で、最も地域を沸かせ、人を動かした作品と地域を表彰する大賞。

JAPAN CUTS(北米最大の日本映画祭)

2020年 観客賞

「ミセス・ノイズィ」

アジア太平洋映画祭

2020年 第59回 最優秀女優賞

篠原ゆき子「ミセス・ノイズィ」

上方番組大賞(旧関西ATP賞)

2019年 優秀賞

笑撃映像を徹底リサーチ!日本の国民的アレ、世界ではコレでした。
若松雅也(総合演出) 増田幸一郎(プロデューサー)

(放送局:関西テレビ放送【フジテレビ系、全国ネット放送】)


詳細はこちら



2019年 新人賞

よーいドン!ロザンのうんちくん「宇治」編
杉岡 亮

(放送局:関西テレビ放送)


詳細はこちら

2018年 新人賞

ウラマヨ!「のれんを背負う覚悟!老舗を継いだ熱き社っ長さんの裏側」のVTRの演出
小浴 崇慎

(放送局:関西テレビ放送)


詳細はこちら

2017年 最優秀新人賞

「美の匠 終わりなき挑戦~大阪・天満切子物語~」
ディレクター 髙野有里

(放送局:関西テレビ放送)

【審査講評】
丁寧な絵作りが“天満切子”の魅力を存分に表現し、また取材対象者との密な関係が感じられました。映像制作への思いが番組の隅々から感じさせてくれる秀作です。


詳細はこちら

2016年 特別賞

「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語」(大正駅編 「新しい海の出現」)
(放送局:関西テレビ放送)

【審査講評】
現在、関西で制作されている民放唯一のドラマシリーズであり、限られた条件であろう中で完成度の高いドラマになっており、応募作も登場人物の感情の変化が巧みに演出された優れた作品です。

2016年 新人賞

「ウラマヨ!」ホンマもんの地獄から生還した男たちの裏側
吉川 優作

(放送局:関西テレビ放送)

2016年 新人賞

「ゆうがたLIVE ワンダー」コーナー“武井壮のチャリぶら!”
茂野 悠介

(放送局:関西テレビ放送)

2015年 優秀賞

「村上マヨネーズのツッコませて頂きます!
クリスマスまでに絶対恋人作ったんねんSP!」

(放送局:関西テレビ放送)

2015年 新人賞

「ウラマヨ!」コーナー“関西どうかしてるぜニュース”
堀江 拓真

(放送局:関西テレビ放送)

2014年 優秀賞

関西テレビ放送 開局55周年特別番組「孫をたずねて三千里」
79歳のおばあちゃん ロスに住む孫に会いたい

(放送局:関西テレビ放送)

2013年 優秀賞

「新・ミナミの帝王~紙クズ商売~」
(放送局:関西テレビ放送)

2013年 特別賞

「堀江ブギーデイズ」
(放送局:関西テレビ放送)

上方番組大賞(旧関西ATP賞)とは?

ATP(一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟)では1984年からドラマ部門、ドキュメンタリー部門、情報・バラエティ部門の3つのジャンルで作品を募集し、制作会社のプロデューサーやディレクターが審査員となり、グランプリ、最優秀賞、優秀賞を選ぶ「ATP賞」を創設。
2013年度には関西制作者のモチベーション向上を図るため、ATP賞テレビグランプリの関西版として、上方番組大賞(旧関西ATP賞)も創設。優秀賞の中から関西ATP会員社の投票によりグランプリが選ばれます。

東京国際映画祭

2019年 第32回 日本映画スプラッシュ部門選出

「ミセス・ノイズィ」


詳細はこちら

東京ドラマアウォード

2018年 作品賞連続ドラマ部門 グランプリ

「おっさんずラブ」
監督 瑠東東一郎


詳細はこちら

東京ドラマアウォードとは?

作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”を重視し、
“日本人として「海外に見せたい」日本のドラマ”というコンセプトに基づき2008年に創設されました。

ザテレビジョンドラマアカデミー賞

2018年 最優秀作品賞 監督賞

「おっさんずラブ」
監督 瑠東東一郎

ザテレビジョンドラマアカデミー賞とは?

国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって賞別にNo.1を決定いたします。最優秀作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、ドラマソング賞、監督賞、脚本賞、ザテレビジョン賞の各賞から構成されています。

SHORT. SWEET. FILM FEST.

2017年 Best International Film賞

アメリカのクリーブランドで開催された映画祭で
「絵師の報酬(英題THE PAINTER)」がBest International Film賞を
受賞しました!

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア

2016年 ジャパン部門 ベストアクター賞

メディアプルポ20周年記念ショートフィルム「絵師の報酬」
出演:佐川満男

日本民間放送連盟賞

2016年 優秀賞

「大阪環状線~ひと駅ごとの愛物語」 大正駅編 「新しい海の出現」
(放送局:関西テレビ放送)

【審査講評】
セットや衣装ごとに登場人物の心象を象徴する色を巧みに配し、印象的である。

2014年 優秀賞

関西テレビ放送 開局55周年特別番組「孫をたずねて三千里」
79歳のおばあちゃん ロスに住む孫に会いたい

(放送局:関西テレビ放送)

日本民間放送連盟賞とは?

番組、CM、放送技術の向上と、放送活動のより一層の発展を図ることを目的に、日本民間放送連盟(民放連)が1953(昭和28)年に創設。
民放連の会員である全国の民放各社から参加のあった番組・事績を対象に毎年1回実施し、優れた番組、優秀と認められた事績が表彰されます。

事業内容

制作実績

お問い合わせ